漢方薬の材料検査

 このところ、中国で製造された冷凍食品の問題が話題になっています。

 私が携わる漢方薬の分野では、材料の生薬についての検査の問題がやはりここ数年メーカーや生薬問屋さんたちの間で話題になってきました。
 数年前までは、購入した生薬を開封すると、小石や、毛髪、毛糸などが混ざっており、返品したりしいたことが、まれにありましたが、最近では、どこの生薬問屋さんも検査を密にやっており、そういったことは見かけなくなっています。
 その分、コストは高くなっていますが、今話題になっていることを考えるとやむをえないでしょう。

 漢方薬はここ何年かの間に、医療用(処方箋でもらえる漢方薬)、一般向け用についても殆どのメーカーが中国や韓国、台湾などで製造、または材料を購入したりしています。
 この面で、数年前から、「残留農薬」の問題や、土壌汚染の問題が生じたことがあり、各メーカーは死活問題として厳しい検査基準を設けたり、現地の生産地を確認したりしてきたと聞いています。また、大手のメーカーは、何社かが合同で、中国国内の大手生薬取り扱い会社と共同の検査基準体制を持つようにしているそうです。

 口に入れるもので中国製は引いてしまうという方も多いかもしれませんが、きちん基準を設けて、その代わり多少のコストをお願いすることもあるかもしれませんが、その製品で生活をしている人がそれぞれのところで安全性を高める努力や工夫をしていることも出来れば知っていてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円形脱毛症の方の漢方治療

 今年になってから、円形脱毛症の方のご相談が増えています。
 先日もあるテレビで特集をしていたのですが、円形脱毛で悩まれている方が増えているようです。
 
 漢方の分野では、円形脱毛症に対してはいろいろな漢方医の経験法が伝わっていて、あちらこちらの口訣の中に散見できます。

 今回はその中から、実際有効性があるいくつかの方法を見てみましょう。

 薬に頼らずに行う方法としては、松葉を利用する方法がいくつかの書物に見られます。これは松葉を輪ゴムなどで束ね、脱毛したところを根気よく刺激し続けるという方法です。だいたい数ヶ月でよくなると書物にはあります。これは、育毛ブラシなどと同じかとは思いますが、これを推奨している先生は「松葉でないとだめ」と言い切っています。
 これは、きれいな松葉が手に入らないので試していただいたことはないのですが、何冊かの書物に経験法として紹介されています。
 もし試してみるなら、怪我に注意してやってください

 漢方薬として有名なのは「柴胡加竜骨牡蠣湯加減」でしょう。この処方は精神的に落ち着かない状態に使われる処方ですが、この処方の中の生薬を増量して円形脱毛の方に服用してもらうと良いと載っています。
 この処方自体は、手に入りやすいのですが、生薬の増量が粉薬や、錠剤では出来ないので、円形脱毛の方は煎じ薬で調整して服用すると良いようです。増やす生薬はいくつかパターンがあり飲まれる方の体質や体調によって決めます。

 あと、若い方や、妊娠を経験された女性の円形脱毛にはミネラル剤が有効な場合があります。これは私も幾人かのお客さんから喜ばれたことがありますが、食事内容や、過労などがある場合、有効な場合があります。最近よくオススメするのは食用アリの錠剤で、これに葛とはと麦が混ざった錠剤をオススメしています。

 生えてきた髪の毛が弱そうな場合は、シルク(絹)コラーゲンもオススメしています。これも最近良い商材が出回るようになり、髪の毛がしっかりとなる方が多いようです。

 お医者さんでは、ステロイドの塗り薬などをよく処方されていますが、これとあわせて、上記の方法も併用すると良いかともいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長引く、咳

 少し前から、風邪(おそらくは流感か感冒)が流行ってきました。それにここ数日、日中と夜間や朝方の気温差から寒さによる風邪も出てきているようです。

 このところの傾向として、発熱や、頭痛、のどの痛み、体のだるさが取れてから咳だけが長引くという方が多いようです。お医者さんから処方された咳止めや、市販薬で一般的な咳止めではなかなか治らないようです。

 特徴的なのは、痰が少なく、胸から込上げるようで、夜間に割りと咳き込むという方です。長引いて声が出なくなったり、少し話し込むと声が涸れてくるという症状の方が多いです。

 このような咳は、漢方を勉強しだしたころは「肺臓の燥」という症状で、肺臓が弱い方や、体力が衰えてきている高齢者に多いと習ったものです。
ところが最近では、20代、30代の方にも多く見られます。
 このような症状には、麻黄の入った咳止めや、桔梗をつかってもあまり効果が得られません。肺の状態を健康にして、気管支や気道粘膜の長引いている炎症を鎮めていくお薬が必要となります。代表的なのは「滋陰降火湯」という処方です。これに霊芝などをあわせたりすると良いです。花梨なども良いですし、梨を多く食べるのも良いです。

 少し気になるのは、このような症状に、いわゆる「痰切」の薬を使いすぎないことです。最近では、処方された風邪薬の中に、痰切や胃薬と兼ねた痰切が処方されていて、これが、気道や気管支の潤いを押さえすぎてしまっているのではないかと思える方がいることです。
 
 咳が長引いたときは、お薬を少し見直すのも良いかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気と体調

 漢方医学では、天気と体調の関係を重視します。

 つい最近聞いたラジオの健康番組でも神経科のお医者さんがこの点について話されていて少しおやと思ったのですが、臨床のお医者さんはこの天気と体調について感心を持っておられるようです。

 天気が悪くなる前に体調が悪くなる、たとえば、痛みがひどくなる、体がだるくなる、鬱っぽくなる、動悸や息切れがする、めまいがひどくなるなどの症状は店頭での訴えの中にとても多く聞かれる特徴です。

 これらは、気温の変化、気圧の変化、湿度の変化が人体に影響するのだろうとされています。

先日のラジオでは、「高気圧は気圧が高いので、酸素が多く、低気圧は、酸素が少なくなる」というわかりやすい説明をされていて感心しました。確かに自律神経が敏感な方や、失調気味の方は低気圧や台風が近づくと体調がとても悪くなります。

 今日店頭での相談でも、今日のようなどんよりした天気で、ひどい貧血のある方が、動悸がひどいので何とかしてほしいという相談がありました。早く処置をするなら、酸素を吸わせるのが良いのでしょう。

 アトピーや蕁麻疹の症状も天気に左右されているのではないかと思えることがよくあります。

 少し天気に注意して、自分の症状を見ると、治療の糸口が見つかるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトピー症状と漢方薬,その2

 しばらく間が空きましたが、続きです。

 と、その前にですが、このところお見えになる10代後半から20代のアトピー性皮膚炎のお客さんに共通する特徴が気になっています。
 
 店頭の備え付けの血圧計で血圧を測っているのをのぞくと、この世代層のアトピーで慢性化している方のほとんどが上の血圧と下の血圧(収縮期血圧と拡張期血圧)の差が大きいことです。特に下の血圧が低い方が多くて、昨日計った女性(29歳)の方は、38と出ました(ちなみに上は110台)。他の方たちも40台のかたが多いです。
 
 こちらも立ちくらみや、ふらつき、朝、起きづらいとかがないかいろいろと聞いてみるのですが、別段自覚症状はないようです。

 これは、アトピー症状が治りにくくなっていることと何か関係があるのではと勝手に考えています。

と言うのも、治療が上手くいってくると、下の血圧がゆっくりと上がってくる方が多いからです。

 漢方的にはやはり、腎系が弱いのでと言うことではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

アトピー症状と漢方薬

 少し間が空きましたが続きです。

 アトピー症状に対して、漢方薬で治療をしたいと言う希望は多いです。また時々テレビなどで漢方薬の治療法が紹介されると、その紹介された処方が良く売れるようになったり、小児学会などで、漢方薬を使った改善例の著効例などが紹介されたりすると、それが新聞に掲載されて問い合わせが増えたりすることが今までに何度かありました。また有名人の方の子供さんが中国の中医師にアトピーをよくしてもらったという番組があり、その後ツアーまで企画されたと言うのもありました。こういったブームのようなものがきっかけで、漢方薬をお使いいただくケースも結構あります。

 では、まずは現在の主な漢方の状況からお話しましょう。

 漢方薬は現在、お医者さんから処方される医家向けの漢方薬、薬局、薬店で買える漢方薬があります。お医者さんの漢方薬はほとんどが健康保険で出される「保険収載品」と言うものが多いです。
 一部の漢方を専門とされるお医者さんのところで自己負担をしながら処方を出されることもあります。

 薬局、薬店で買える漢方薬にはお医者さんが処方箋で出されるお薬とほぼ同じ内容のお薬があるのですが、このほかに、中国の製剤や、和漢薬という日本の伝統的な製法の生薬製剤などもあり種類が多いのが特徴です。また、値段もさまざまで、良い材料は加工に手間のかかる処方、高貴薬などが配合されていたりすると効き目は良いですが値段も高いと言うのもあります。
 また、漢方製剤のメーカーも結構たくさんあり、それぞれに特徴がある製剤が手に入ることもあります。漢方薬は処方の名前が同じなら本来同じお薬のはずですが、実際使ってみると効き方に差があるように感じることが多々あります。
 これらを経験的に知ることで、大手のメーカーではないが、この処方はこのメーカーがよいと言うのも結構あります。原料が生薬という自然のものを使いますから、原料の選別、加工の仕方、製剤の作り方によっても薬の性質にずいぶんと差が出ます。

 このあたりが、健康保険で一律にどこでも同じ医療と言うのとは異なってきます。

 あと漢方薬の種類としては、粉薬(エキス剤、生薬散剤など)、煎じ薬、錠剤、丸剤、塗り薬などがあり、それぞれ治療目的や、飲む方の好みに応じて利用されています。これらの剤形は薬の効き方に大きな影響を与えることも多いです。一般的には生薬の生に近い形の薬が効き目が強く、錠剤のように賦形剤を加えたものは生薬内容が薄いのが多いので効き方が穏やかです。

 アトピー性皮膚炎の治療に漢方薬を使う場合、最近の主流の考え方では、その漢方薬が症状を抑える(痒み、皮膚のただれ、赤み、かさつきなど)目的の処方なのか、体質的なものを丈夫にしていく処方なのかを選ぶことから始まります。
 
 症状を抑えるものは「標治法」といい、根本的な体質治療を「本治法」と言います。
 
 この2つは薬の効き方が全く違い、「標治法」に使われる処方は主に即効性を期待し短期間で症状の改善を狙います。「本治法」の処方はゆっくりと、しかし確実に病態を改善していける、体作りを目指すお薬です。

 ですから、「標治法」の漢方処方を長期間飲んでも症状はある段階から一進一退を繰り返すことが多いです。
 また、最初から「本治法」の漢方処方を飲んでも、効いた感じはなかなかえられませんし、症状によっては一時期悪化してしまうこともあります。この2つの方法をどのように使い分けるかは、アトピーの患者さんと治療を進めていく上では、いつも頭を悩ませる課題になります。

 これを全くわからずに長い期間、何年にもわたって漢方薬を飲んでいることも良くあります。本来ならもっと以前に本治に行かなくてはいけないのに標治のままの方もよくお見かけします。
ただ、これは明確にこの時点で切り替えようとは言い切れないのが厄介です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

目の下のクマジミ-アトピーの相談の方々にも多い

 目の下や周囲のクマジミの相談は、私のところでは多い相談です。
 直接の相談ではなくても、アトピーや、大人のにきびなどの相談でも合わせて治したいというお客さんも多いです。

 この目の下のクマジミは、化粧品などでとりあえず隠すことはできますが、多くの場合、体の中の状態を良くしてあげないと改善しないことの多い厄介なシミです。
 このシミは、体の骨盤内にあるホルモンを出す器官と関係が深いという考え方があり、男女とも副腎機能、女性なら婦人科系との関連があるとする考え方です。

最近お客さんの相談を受けていますと、特に副腎機能が弱くなっている方が多いのではないかという気がします。理由を考えてみると、次のような状況が何らかの影響をしているのでは内でしょうか。
 多くの方に見られる睡眠時間の短縮化、ストレスの増加による交感神経の緊張の連続、冷房や冷たいものの過食による体を冷やす機会の増加、衣服の変化、運動不足(特に下半身)などがいろいろと絡み合ってからだのホルモンにまで影響が出てきているのではないかと思います。

 女性では更年期以降の方で、内臓に負担をかける食習慣や生活習慣をしておられる方(たとえばコラーゲンなどのたんぱく質のとりすぎ、ビタミン剤の連用、水分の取りすぎ、脂肪分のとりすぎなど)にも多いようです。
 
 漢方では、内臓の負担をどのようにとり、元気な内臓バランスを取り戻すかを考えて対応します。血行を促し冷えを解消しいき、睡眠が快眠の形でとれるようにして疲労を軽減して行くことが治療の目的です。
 婦人科のほうに何か症状があればこれに対しても対応していきます。これらの改善が進めば、クマジミは自然と薄くなり消えていきます。

 少し手間のかかるのがアトピーなどの治療で塗り薬や保湿剤などを使い続けていることにより皮膚の変色を起こしているものです。これは体の中の改善とともに目の周囲の血流をよりよい状態に保ってあげる必要があります。
 これには、そのための漢方の単純な処方がありこれが良く効くようです。
 でもこのタイプは良い兆しが出てくるまででも時間が相当かかります。

目の周囲も内臓を考えて対応していただけたら良くなることは多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

アトピー症状の治療中の出来事

 よくアトピーを何とかしたいというお客さんから質問をいただくのが「漢方薬を飲み始めると体から毒がでて、一気に悪化することはありませんか?」というものです。
 
 私のところのような薬局に相談に見えるお客さんの多くの方が、いろいろな「アトピーにはこれが良い」とされているものを試したり、経験したりしています。そんな中でいくつかの商品(健康食品だったり、他の市販薬だったり、自然食品だったり、化粧品だったりさまざまです。)で、使いはじめに、皮膚の症状が一気に悪化してしまい、驚いて買ったところやお客様相談サービスなどに聞いてみると、ほとんどの答えが「体の悪いもの(あるいは毒という表現もある)が出ているから、がんばって続けてください。」と説明を受けたり、個人的に少しひどいなという感じがするものが「使う量を増やしてください。」といわれたりしている場合もあります。(もしその商品に対してのアレルギーだったらひどいと命にかかわることもあるからです。)

 この場合の説明に言われている体の悪いものなり毒なりが何を具体的に言っているのかはよくわかりません。
 アトピーや多くの病気が体の中に巣食う「体に悪いものまたは毒」によって生じてくるという考え方は、ひょっとすると漢方的な考え方の意訳されて業者側に都合よく使われているだけかもしれません。もしそうだとすると漢方の本来の意味とはずいぶん違います。

 このような反応が出たからといって必ずしも治るとは限らず、多くの方が何日間かつらい思いと、お財布を軽くしただけということもあるのではないかと思います。

 どうして起こるのかということは良くわかりませんが、この反応が現れる方の多くが「リンパ系の腫れ」を刺激してしまう方法をとったときに良く起こっているように感じています。ですから患者さんで微熱なり、体のどこかのリンパ節(アトピーの患者さんの場合、四肢の付け根、耳下腺、首、目の周辺が多い)にしこりがあるときは、体に何らかの刺激になるもの(薬、健康食品、自然食品、化粧品など)は、作用の強弱にかかわらず、一気にリンパ液が噴出してくる恐れがあると考えています。
 ですからこれは好転反応というよりは治療の手順の誤りだったり、症状のある方の体の状態への無知からきていることだと感じています。これをきちんと考えていけば、こんな不快なことはほとんど経験しなくていいのです。

 これから新しい治療法を考えている方はすこし注意してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

アトピー症状と睡眠について

 店頭で相談を受ける慢性化したアトピー性皮膚炎の多くの方が夜間の痒みに悩まされています。
 入浴後や就寝時になるとかなりの痒みを覚えそれでよく眠れないという悩みです。他にも年頃の年代になると、皮膚症状が一向に改善してこないことに悩むようになり、それがストレスになり眠れなくなってきているということも相談にあります。

 皮膚病に限らず、体の状態が良くないとき、その状態を回復させるためには安眠は欠かせません。安眠を取ることで、自律神経やホルモンのバランスが安定しますし、体に回復力がついてきます。アトピー性皮膚炎で痒くて眠れないというのは回復を遅らせるばかりか悪化させることになる大きな問題です。

ですから、漢方薬を選ぶときでも、この問題に対してどのような対応をするかは、はじめての相談のときに対応方法としてまず考えなくてはいけない一番大切なポイントになります。
 以前からこの問題には気づいていたのですが良い手立てがなく、皮膚全体の調子が上がり、掻痒感が軽くなるまでお客さんに我慢してもらうことしかできませんでした。最近、薬局の薬に最近睡眠改善薬が出てきました。これを使えればよいのですが、多くのお客さんがお医者さんから抗ヒスタミン薬などを処方され連用しているので、最近売られている薬局の軽い睡眠改善薬では歯が立ちません。

 ところが、最近眠るときの体の状態を考え、その中で血流や、火照りなどに注目して寝る前や入浴時の状態を考えていくことで、アトピー症状の痒みで悩んでいる方の睡眠時の掻痒感に、ある種の漢方薬で対応できることに気づき、この方法で睡眠をとっていただける方が増えてきました。
 この場合、大きく分けて二つのケースがあって、体の火照りを中心に押さえてあげるタイプと、血流をよくしてあげてからだ(特に足や下半身)の冷えをとってあげると良いことがわかってきました。

 また、お客さんと話しているうちに、寝具もとても大切だと思うようになりました。具体的には、痒みが強いときは、毛布の使い方に注意して、綿毛布やタオルケットなどのさらっとした寝具を直接肌に当たるようにして、その上に毛布などを使うと良いようです。床内環境としては、あまり暖まっていないようにし、また湿気を帯びすぎないように少しひんやりぐらいの状態を保ってあげ、入眠しやすく安眠を促すようにしてあげるとよいです。

睡眠を十分に取れるようになると、皮膚の回復力も増すようで、アトピー症状が割と早く全体的から部分的な状態に改善することが多いです。
これはアトピー症状だけでなく大人のにきびにも言えるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

アトピー症状と食事について

 アトピー症状があるときの食事はどのように考えたらよいでしょうか?
 
多くのお客さんがお医者さんからアレルゲンになっているもの以外はアトピーと食事は関係ないといわれたといって店頭で話されます。
 あるいは、熱心な方になると、いろいろな食事療法(玄米だとか、何とか食だとか)を実践されています。これでよくなることもあるようですが、何年にもわたって行い、成長に影響が出ているのではと懸念されるお客さんもお見かけします。

実際にアトピー症状と食事は無関係なのでしょうか?

 これは見方を変えると次のようになると思います。

 「アトピー症状が治りにくくなっている場合はやはり食事を検討してみることは大切。ただし、取り立てて特別なことをするのではなく体に負担のかからない慢性的な病気を持っている患者であるという考え方にたつべきである。」
 
 これはアトピー症状を自分の体でコントロールできなくなっている状態は、体の調整系に問題があり、先天的なものでない限りは、体を健康な状態に保てばアトピー症状はコントロールできるようになるということです。

 30年ほど前までの皮膚科の教科書にはアトピー性皮膚炎は大抵子供の病気で、おおむね第2時性徴期ぐらいで症状が治まると書かれていました。ところが最近では10代、20代でもアトピーで苦しめられている方が大勢見えます。
もし先天的なものがこの症状の一番大きい要因であるとしたら、世代的にみて今の世代に特に増えてきたということは少し変です。生活習慣や食事内容が日本においては大きく変化してきていることが何らかのアトピー症状を現す方の増加に影響しているのではと考えないといけないのではないかと思います。

 とすると、食事においては何を注意すればよいかということになりますが、これは病気になった患者さんが普通注意することとほぼ同じだと考えてみてはどうでしょうか。もちろん食品に反応するものを除き、空気中のアレルゲンに反応する方まで含めてです。

 病院などに入院したときどのような食事が出されるかを考えると、よほど高級な一部の病院を除いて、脂っこいものやファーストフード的なもの、冷たいものは出されないと思います。やはりバランスの良い、なるだけ火を通した、胃腸に負担をかけないものになるのではないでしょうか?

 アトピーがなかなか治らない場合は、まず食事をしっかり考えて、胃腸をしっかりとすることです。これにより元気な体つくりをしていくことです。
 消化に負担となる脂っこいものや、冷たいもの、水の飲みすぎは注意すべきです。特に店頭で見ていますと、冷たいものを季節も関係なしでとっている方にアトピー症状のひどい方が、年代を問わず多いです。
一般的に、病気の方で体力が衰えていたりする方に、冷たいものを勧めないのと同じで、アトピー症状の方は皮膚や体の免疫系が衰えている状態にあると考え、負担になる食事は避けましょう。

 脂分は控え、体が燃やしやすい炭水化物やたんぱく質をとり、消化の助けになるやわらかい繊維質を良く噛んで食べることが大事です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧