« 久しぶりの投稿です | トップページ | 長引く、咳 »

天気と体調

 漢方医学では、天気と体調の関係を重視します。

 つい最近聞いたラジオの健康番組でも神経科のお医者さんがこの点について話されていて少しおやと思ったのですが、臨床のお医者さんはこの天気と体調について感心を持っておられるようです。

 天気が悪くなる前に体調が悪くなる、たとえば、痛みがひどくなる、体がだるくなる、鬱っぽくなる、動悸や息切れがする、めまいがひどくなるなどの症状は店頭での訴えの中にとても多く聞かれる特徴です。

 これらは、気温の変化、気圧の変化、湿度の変化が人体に影響するのだろうとされています。

先日のラジオでは、「高気圧は気圧が高いので、酸素が多く、低気圧は、酸素が少なくなる」というわかりやすい説明をされていて感心しました。確かに自律神経が敏感な方や、失調気味の方は低気圧や台風が近づくと体調がとても悪くなります。

 今日店頭での相談でも、今日のようなどんよりした天気で、ひどい貧血のある方が、動悸がひどいので何とかしてほしいという相談がありました。早く処置をするなら、酸素を吸わせるのが良いのでしょう。

 アトピーや蕁麻疹の症状も天気に左右されているのではないかと思えることがよくあります。

 少し天気に注意して、自分の症状を見ると、治療の糸口が見つかるかもしれません。

|

« 久しぶりの投稿です | トップページ | 長引く、咳 »

「漢方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/16869439

この記事へのトラックバック一覧です: 天気と体調:

« 久しぶりの投稿です | トップページ | 長引く、咳 »