« 前立腺に水菜? | トップページ | イリュージョン他について »

お買い物と会話

 コミュニケーション術のハウツー本が結構書店に並んでいます。ビジネスや就職関連のコーナーに良くあります。
 小売店を営んでいるのでお客さんとの会話は毎日のことなのですが、やはり若い方の多くが自分いいたいことを伝えるの、会話となると苦労していることを感じます。特に自分の体の状態を話すのもなかなか表現ができないようです。高校生ぐらいの子でもアルバイトなどで接客業の経験があるといいのですが、なかなか言葉が出なくてという方も多いです。

 思うのですが、今商店街や小売店はどこも集客で苦労しています。郊外型の大型店や自分で好きな商品を手にとってレジにというお店が増えています。
 昔はたとえば子供のお使いでも、何か買うにしても店の人に、何を買いたくていくら持ってきたということをテレ恥ずかしい気持ちを押さえて「小さな勇気」を振り絞って話したような気がします。
 今の子供さんたちはこのような経験をどれくらい日々の生活で送っているのでしょうか?

 毎日買い物からして会話をしないと買えないとなると、逆に会話のスキルが知らないうちにあがっているような気がします。ある面、これが最近多くなっている神経症の遠因になっている気がしています。
 個人的に不便さの中に文化があるように思っているのですが、便利、合理的な面で置き去りにされている中に「買い物会話術、交渉術」が下手になってきているような気がします。
 近所に元気な商店街があるというのはとても子供さんの社会勉強になるような気がして、そんな環境で住んでいる子供たちは幸せかもしれません。

|

« 前立腺に水菜? | トップページ | イリュージョン他について »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/14496750

この記事へのトラックバック一覧です: お買い物と会話:

« 前立腺に水菜? | トップページ | イリュージョン他について »