« 乾燥肌と漢方薬 | トップページ | 花粉症の漢方、その2 »

花粉症の漢方

花粉症のお客さんが増えてきました。
風が強くなるととても症状がつらそうです。

漢方薬の花粉症の薬は症状や体質、症状が出てからの時期によって薬を選ぶ必要があります。鼻や目の粘膜がどれだけ炎症がひどくなっているかどうかで漢方的な薬の性質ががらりと変わります。

初期段階は体を温める、桂枝(けいし)や麻黄(まおう)の入ったものを使います。炎症がひどくなってきたら、今度は熱を取るような生薬、石膏や桑の葉、連翹などの入った薬を使います。
上手に漢方薬が使え、体質に合えば効果は早いです。また、お医者さんの処方薬や市販の花粉症の薬も少量ですごせます。

花粉の量が少ないうちに効いていた薬が、量の増加や粘膜の状態で効かなくなったりもします。状態に合わせて使い分けをすると、眠くなったり、口が乾いたりすることはありません。
 最近では附子の配合された処方もよく使われますが、体の元気な若い人がこの処方を調子が良いからと続けると、「熱の噴出し」のような症状になったりしますから注意が要ります。

 花粉症の養生としてはなんと言っても寝る前に十分に体の中や外を暖めておくことです。夜に冷たい飲み物(ジュース、お茶、水、ビールなどのアルコール)でおなかを冷やすと次の日に症状がきつくなるようです。
 寝る前に暖かい飲み物を服用すると症状が軽くなることもありますよ。

|

« 乾燥肌と漢方薬 | トップページ | 花粉症の漢方、その2 »

「漢方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/14158139

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症の漢方:

» 花粉症の漢方薬治療って効くんでしょうか [由美の子育つ日記]
花粉症の漢方薬治療って効くんでしょうか。花粉症なのでいつもこの季節はつらいのですが。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 18時46分

» コラーゲンでぷるぷる♪(*^^*) [shige's Blog]
しかし、ほんと毎日寒いですよね彡(-_- [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 07時06分

« 乾燥肌と漢方薬 | トップページ | 花粉症の漢方、その2 »