« 花粉症の漢方 | トップページ | minkさんの曲 »

花粉症の漢方、その2

 漢方薬は花粉症に効果はあるのか?
 この質問は多いです。

 答えとしては、漢方薬は花粉症にたいていの場合よく効きます。今年はお医者さんで処方してもらえる漢方薬でも漢方薬の処方が少し多めだそうです。

 先にも書きましたが、漢方薬を選ぶときは、症状、体質が大切です。花粉症の薬には大きく分けて2つの系統があります。
1つは鼻やのど、目の炎症が軽い状態の系統。この場合は「体を温める」生薬を使います。
もう一つは炎症がひどくなった系統です。この場合は炎症を強く抑える生薬を使います。

 この系統さえあえば多くの場合は効果が出ます。また、効き方も早いことが多く数分で効果が現れることも良くあります。

 あと最近市販されている漢方薬には、粘膜の修復を早くしてくれる漢方薬もあります。寝る前などに服用すると、次の日の症状が軽くなったり、途中で効きにくくなっていた点鼻薬などがまた良く効くようになったりもします。こうなると、強い作用の薬を使わなくてもすみます。
 鼻つまりがひどい場合にも生薬の「こぶし」の配合された処方で効くことが良くあります。鼻がつまって眠れないというときには利用すると良いです。

|

« 花粉症の漢方 | トップページ | minkさんの曲 »

「漢方」カテゴリの記事

コメント

よいちさん、こんにちは(^^)

遊びに来ました♪

表現方法がいつも独特で楽しませて
いただいてます♪
”こぶし”の効いた生薬処方を一度受けてみたい
と思ってしまいました☆

また遊びに来させてくださいね。

投稿: simatarou | 2007年3月 8日 (木) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/14176500

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症の漢方、その2:

« 花粉症の漢方 | トップページ | minkさんの曲 »