« お返事 | トップページ | 少し前ですが韓国に行ってきました。 »

久しぶりの書き込みです

久しぶりの書き込みです。
とあるミニコミ誌に次のような書き込みをしました。参考までに。
①漢方薬はどれくらいの期間飲んだら効果が出てきますか?
答え:これは病状や、体質、体力、回復力によってずいぶんと差があります。治りやすい病気はもちろん早いです。数日でいいということもあります。ですが、体質や年齢が関係している病気や、ストレスや、生活面で問題があり、体力や回復力が落ちていると長くかかります。一般的に漢方薬は、薬が病気を治すというよりは、体をよい状態にして、自分で病気が治せる状態にすることが多いので時間がかかることが多いです。ですが、いったん治せるように体がなると、再発もしにくくなります。
②漢方って効果が出るまでに時間がかかるし効果が弱いってイメージがあるんですが・・・
答え:漢方薬は、病気や症状を直接治す薬は少なくて、普通は体のほうを治し、回復力(自然治癒力とも言います)をたかめる効き方をします。ですから、病気を治せる状態になるまでのからだの中の「環境つくり」や回復力をアップするために必要な「根回し」に時間がかかることがあります。ですから効果が現れるまでに時間がかかりますし、「環境つくり」の間は外からではあまり変化が分かりにくいこともよくあります。ですが、この状態をきちんとしておくと、体力、回復力がぐんとよくなり、病気を治せる体になっていることが多いので、体調が以前よりぐんとよくなることが多いです。
③高い漢方薬や健康食品ほど効くのでしょうか?
答え:これは、普通の価格以上のものなら捉え方によります。漢方薬に関して言えば、自然のものを材料にしているので「高貴薬」と呼ばれるもの例えば、牛黄、鹿の角などが入ると価格は高いですが、効き目もあります。生薬にも等級があって、高い等級の生薬を使えば高くなりますし、効き目もいいです。これは例えばマグロなんかと同じです。健康食品に関しては流通経路によってその価格が決まることが多いので、高いものがよいとは言い切れません。ただ、ある価格以下になると、値段相応ということが多いようです。
④他の薬との併用は可能ですか?
答え:この質問に対しては、個々によって異なりますから、併用できる場合と、併用しない方がいい場合とがあると思ってください。これを飲みたいんだけどというものがあれば、処方薬ならお医者さんか、薬剤師さん、漢方を買うお店の薬剤師さんに質問してみましょう。
⑤漢方薬には副作用はないのですか?
答え:副作用というのは判断がむずかしいのです。薬が思わぬ作用をしたものを言うことが多いのです。この場合、いろいろと原因があります。大きく分けて薬自体が問題の場合や、体質的な相性の問題、誤った使い方をした場合などです。漢方薬にも、相性や誤った使い方をして副作用が出ることはあります。ただ、普通は、よほどひどい副作用が現れることはまれです。怖い副作用と報道されたこともありますが、よく調べてみますと、本来その患者さんに合わない薬であったり、相性がよくなかったためのものが多いです。
⑥どんな病気に効くのですか?
答え:漢方薬は、いろいろな病気に使われます。とくに体力や、回復力を高めるために、体の中のバランスを回復させると好い病気に向いています。あと、少しからだの調子が悪いなーというような状態にも向いているお薬です。ですから、例えば風邪の初期などには本当に早く、よく効きます。
⑦漢方薬と健康食品の違いは何ですか?それとも同じものですか?
答え:これは料理にたとえて話すと分かりやすいです。ある料理を作るとします。必要なものは材料と、調味料、調理器具なんかです。それと、美味しい料理を作るには「レシピ」は欠かせません。有名な調理人の「レシピ」と手間があれば美味しい料理ができます。漢方薬と健康食品の違いは、健康食品が料理の材料にあたり、漢方薬は「レシピ」にしたがって作られた完成品の「料理」に相当します。「レシピ」は2000年以上中国、日本、韓国などで伝統的に守られた医学書が元になっています。ですから、漢方薬の中には「生薬」という材料の美しい調和、体によく効き、害がないように考えられたハーモニーがあります。ですからよく使われる漢方薬の処方には、細かく考えられたルールがあり、とても美しいはい配合の薬も多いです。

|

« お返事 | トップページ | 少し前ですが韓国に行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/12515584

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの書き込みです:

« お返事 | トップページ | 少し前ですが韓国に行ってきました。 »