« 目の前の黒いかたまり | トップページ | アガリクス茸の報道-追記 »

アガリクス茸の報道

 昨日から、テレビや新聞で「アガリクス茸に発ガンを促す成分が」という報道がなされています。
 この問題は、特定メーカー(今回はキリン)のアガリクス茸含有健康食品に何らかの発がん性物質が見つかったようで、これが問題になっています。
 製品の回収にまでなっていますから、今後の推移を見ていかないといけません。

 数年前、ある生薬問屋さんから、特定産地とくにアジア圏が産地の「アガリクス」には重金属類が含有されていることが「灰分試験」で分かったので、うちは取り扱いを見合わせますといわれたことがりました。
 この「灰分試験」とは、生薬に融点の高い不純物がどれくらい含まれているかを調べる試験で、医薬品の生薬には欠かせない試験です。これをパスしない生薬は、こわくて飲めません。
 今回、問題になっているメーカーは、これをしていなかったのでしょうか?

 アガリクス茸のような茸は、人工栽培以外、自然の土壌で栽培すると、土の中の成分を蓄積することがあるそうです。特に「子実体」という部分は、この蓄積成分を多く含むので、その成分が何らかの有効性の可能性があると考えられた場合、ある種の「効き目」を期待して飲まれているのですが、自然のままなら、無害有害を問わず含まれてしまう可能性があるわけです。
 最近、新規で販売して欲しいと持ち込まれる健康食品のいくつかにも、その材料の自然物に対して基本的な検査試験をしていなかったり、コスト優先で残留農薬を調べていないメーカーが増えてきているような印象があります。

 医薬品には色々な試験が製品に課せられていて、先の「灰分試験」や「長期毒性試験」なども試験項目にあります。安全性と有効性がしっかりしないと製品にならないのですが、現在医薬品、特に大衆薬は人気が下降して、健康食品のほうに注目が集まっています。

 ですが、健康食品の安全基準はしっかりとしたものがなく、毎日とり続けるには不安も残るものが少なくありません。
 少しそのあたりをしっかりと考えてみる必要があるのかもしれません。

|

« 目の前の黒いかたまり | トップページ | アガリクス茸の報道-追記 »

「健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/8652985

この記事へのトラックバック一覧です: アガリクス茸の報道:

» アガリクス市場大打撃必至 [自記公開書]
朝のニュースでキリンの子会社のアガリクス製品から 発ガンを助長する作用が認められ [続きを読む]

受信: 2006年2月14日 (火) 13時51分

« 目の前の黒いかたまり | トップページ | アガリクス茸の報道-追記 »