« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

チャングムの誓いの中の東洋医学-心臓マッサージ

 すなさん、コメントありがとうございます。すこしお礼が遅れて申し訳ありません。

 確かに、東洋医学の薬剤や、処方、出典を台詞に使ったドラマを私はあまり見たことがありません。韓国では、「チャングムの誓い」より前に「ホジュン」というドラマがあって、やはりかなりの人気があったようです。
 日本では、「華岡青洲」先生の話はドラマになりますが、東洋医学を正面から取り上げたドラマというのはあまり見ないような気がします。

 地上波のほうで放送が始まりましたが、ドラマの最初にも韓医でいう薬食同源、漢方で言う医薬同源の考え方や、五行論を背景にした食養生の話などが出てきます。

 

現在の生活の中にも取り込める良い考え方だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャングムのドラマについて

 チャングムのドラマの中に出てくる医学は漢方ではなく、「韓方」というご指摘を受けました。ここを区別して書かずに、不快な感じをもたらしてしまったとしたら、謝らなくてはいけません。
 実際、恥ずかしい話ですが、このドラマを見たり、関連の書物や、あと、「ホジュン」に関連するものを最近読むようになるまで、韓国の東洋医学を、日本や、中国で行われているものと同じものと理解していました。ところが、色々な書物などを読むと、それとは違った立派な体系のある分野ということに気づいた次第です。

 

これは本当に恥ずかしいことです。きちんとした理解を深めたいと思っています。

 

ただ、ここで、チャングムのドラマの中に出てくる処方や、治療法を取り上げるのは、漢方の世界にそれらの治療法や、薬剤があって、現在でも使われていることがあるということを知らない方に理解していただきたいからです。
 フィクションという形はとっていますが、それに東洋医学に携わっているものとして、台詞の中に出てくる言葉が、現在でも一部で使われているということを知っていただけたらと考えたからです。
 時には、現在でも、とても人の健康の役に立っていることもあるのです。
 このドラマを見ていて、薬や、生薬、処方に対しての考え方が変化して、より深く興味を持てるようになったことはあります。
 「韓方」についての理解が不十分というご指摘はありがたく傾聴させていただきます。今後その点の理解を深めていきたいと思います。

 

ご指摘ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャングムの誓いで盛り上がる-その2

 今日教えていただいてのですが、「チャングムの誓い」今週末から、地上波の総合テレビで放送されるのですね。近くのレンタルビデオ店でも結構人気があるようで来年はもっと盛り上がりそうですね。

 

このドラマを見ていると、元気になれそうな気がします。

 

個人的には、漢方薬に対しての姿勢が少し変わったように感じます。生薬や、薬方に対していっそうの興味がわいてきました。
 また、お客さんでこのドラマを見ている方からも色々質問を受けたりして、わいわいと時間をすごせます。

 

これがきっかけになって、東洋医学や、養生法に対して関心が広がり、さらに深まればうれしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャングムの誓いの中の東洋医学-心臓マッサージ

 コメントありがとうございます。

 

そうですね、心臓マッサージについては、あまりやり方や、図解などを東洋医学の分野で私は目にしたことがないですね。
 何か独特の「蘇生術」のような形で伝わっていたりするかもしれませんが、これといった文献があったり、教えられたことは私はないです。
 ただ、先回放送された場面で、チャングムが心臓マッサージをしているのを見たときは、おそらくは演出で、一生懸命努力しているというのを見せるためではないかと思いました。

 

いくら同窓生のヨンセンといっても、「スゴン」という王様の側室の身分に上がった人に、馬乗りになってマッサージをするというのは、少し考えにくいような気はします。

 個人的な見解ですが、東洋医学においては、もうだめというのは割りと今よりは受け入れていたような気がします。というよりは、医術というものを受け入れる側が、チャングムのドラマの登場人物よりはもう少し期待が低かったのではないかと思います。
 というのは、病気というのは邪気によって生ずるという考え方があり、この邪気さえ払えれば快癒するという考え方があるからです。
 ドラマの中に何度か、「呪いの御札」が出てきていますが、「呪い」を信じているわけですから、「祓う」こともおそらく信じていると思います。そうすると、医術がだめでも祓い清めるというのは出てくるのではないでしょうか?
 チャングムの時代のこの部分がどうなっていたのかは良くわかりませんが、もう少し後の日本においては、病魔退散の加持祈祷や、御札などがされていましたからどうでしょうか。

 

その中で、「蘇生術」に対しての考え方が出てくるような気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »