« ダイエット体験談 | トップページ | 朝鮮人参について »

チャングムの誓いに出ていた薬、ショウガ

 昨日放送分の「チャングムの誓い」は、疫病だと思われていた病気が、野菜の傷んだものを食べたことによる食中毒ということをチャングムが見つけることで、また立場を回復していくというドラマの軸がありました。
 かっこいい登場の仕方をした医女チャンドクさんと、ミンジョンフォとの連携で、疫学的な情報分析を行っていました。

 

食中毒ということで、チャングムが患者さんに飲ませるために用意したのが、生姜の煮汁でした。あと、ドラマの中では、葛や、オケラも良いとして話していました。

 

漢方薬の多くの処方には生姜が配合されています。薬の吸収をよくするために胃腸の働きを助ける目的ですが、この生姜がメインになる処方もあります。
 漢方薬としては、生の生姜と、干した生姜を使うことがあり、食中毒に用いるのは主に生の生姜です。ドラマの中で、チャングムが鍋に入れていたのは生の生姜でした。

 

ただ、手元の資料では、生姜は、蟹や魚の中毒に紫蘇と使うと良いとされていますので、野菜の傷んだものに効果があるのかどうかは記されてものがありません。

 

お刺身を食べるときや、冷たい麺を食べるとき薬味として、生姜や紫蘇、ニンニク、わさびなどを使いますが、これは、やはり中毒を予防し、また、胃腸の働きを冷たいものから守る意味もあるのです。ですから、お刺身などを食べるときは、薬味を利かして食べることはとても大切です。

 

少し違いますが、魚にあたって、蕁麻疹が出てきたときなどは、紫蘇の葉を使うと良いとされています。
 食事の毒消しで代表的なのは、麺類には杏仁、生冷瓜果には干したほうの生姜などと古い本には出ています。

|

« ダイエット体験談 | トップページ | 朝鮮人参について »

「漢方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/5089012

この記事へのトラックバック一覧です: チャングムの誓いに出ていた薬、ショウガ:

« ダイエット体験談 | トップページ | 朝鮮人参について »