« チャングムの誓いに出ていた薬 | トップページ | 読書について »

免疫力を考える

 つい先ほどお見えになられたお客さんと話をしていて少し気ることがありました。

 

ご相談は、重い病気が進行して、強い薬を使うようになって、吐き気がして食欲も落ち、体重がかなり減ったという相談で、何か食べさせる方法はないものかとという相談です。
いくつかのお薬の話と、ここに書きました、「つわり」のときとほぼ同じ養生法をお話しました。
 気になることというのは、この方は家族の方なのですが、「免疫力を上げるとされるもの(非医薬品)」を今でも飲ませているということです。

 

漢方的には、この方の使われている「キノコ」は、補気・補陽といって体に元気を与えることにはなるのですが、同時に体力の消耗ももたらし、特に、血、体液などを消耗してしまうことがあります。ですから、体重が減少しており、食事もままならない状態で「キノコ」や「免疫を上げるとしているもの」は効き目があるなしにせよ与えてはいけないものです。
 場合によっては、病状の更なる悪化をもたらすことも考えられます。

 

体重が減少し、飲食が進まない状態になったら、免疫力を上げないほうが、体が長持ちすると理解していただければ良いと思います。
 この状態では、栄養や水分の補給や、体内の保持が優先です。
 注意してみてください。

|

« チャングムの誓いに出ていた薬 | トップページ | 読書について »

「健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/4992553

この記事へのトラックバック一覧です: 免疫力を考える:

« チャングムの誓いに出ていた薬 | トップページ | 読書について »