« チャングムの誓いの中の東洋医学 | トップページ | 体を暖める食品、冷やす食品 »

「しゃっくり」を止めるには

 胃腸に負担のかかりやすい時期になりました。この時期になると、たまに「しゃっくり」を治したいのでという方がみえることがあります。

 

「しゃっくり」は、横隔膜がある種の痙攣を起こしている状態です。ほとんどの「しゃっくり」は大丈夫ですが、本当にごくまれに、脳出血、脳腫瘍、胃がんなどでも見られることがあるそうです。
「しゃっくり」を止める方法として、驚かせる、水を飲む、背中を軽くたたく、まじないなど色々あるようです。
 民間薬的には、「柿のヘタ」を良く使います。「柿のヘタ」は「柿蒂(シテイ)」といって、漢方薬の生薬の一つです。

 

乾燥した「柿のヘタ」を5から10個ぐらい600㏄ぐらいの水に入れ煎じて数回に分けて飲みます。

 これでもだめな場合は、生薬の数を増やした漢方の処方を使います。このときは、漢方的な見立てにしたがって、おおむね4つぐらい「しゃっくり」の区別をして処方を選びます。

 

あと、「しゃっくり」に良く効くツボが膝にあります。
 「梁丘(りょうきゅう)」というツボで、足を伸ばしたとき、膝の外側にくぼみができて、そのくぼみのところにあるツボです。このツボを数回、足先のほうへ押し込む感じで少し強めに、押します。押すときは、ゆっくりと息を吐きながら押すといいです。
 左右2,3回ずつ押すといいです。

 

赤ちゃんや、ご年配の方にも有効ですが、力加減に注意して行ってださい。

|

« チャングムの誓いの中の東洋医学 | トップページ | 体を暖める食品、冷やす食品 »

「健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/4794455

この記事へのトラックバック一覧です: 「しゃっくり」を止めるには:

» 自分の体の賞味期限!! [umeyume2]
健康に関心あるみなさーん!! 来たんですよ! 家に! すごーいニュウマシーンが! [続きを読む]

受信: 2005年7月 4日 (月) 23時26分

« チャングムの誓いの中の東洋医学 | トップページ | 体を暖める食品、冷やす食品 »