« チャングムの誓いに出ていた薬、ショウガ | トップページ | 喉の痛みや、空咳の風邪 »

朝鮮人参について

 暑い毎日が続いています。

 

夏バテや、熱中症が現れる気候です。漢方薬で、バテや、元気にさせる生薬の一番はなんと言っても朝鮮人参になります。
 脱水症状気味のときに、塩分系の入った水分と、朝鮮人参の配合された漢方薬(たとえば生脈散、補中益気湯、清暑益気湯など)を飲むと体の回復力が高まります。以前はよくこの時期に出たものです。
 ですが、最近では都市部でデスクワークをしたり、冷房の部屋で仕事をして、あまり体を動かさず、汗をかかない方には、この朝鮮人参の効き目がよくないような感じがします。
生薬的に考えると、朝鮮人参は、心臓の働きを助け、体の保水能力を高める働きがあるので、やはり、炎天下に、汗をかきながら仕事をしたり、冷房のない部屋で生活する人のバテによく効く、農耕系の生薬なのかもしれません。
 現在では、血液の流れをよくしたり、水は捌けをよくする薬のほうが、体の重だるさが取れたりします。
 時代とともに、人の暮らしぶりが変わると、使う薬も変わるようです。

|

« チャングムの誓いに出ていた薬、ショウガ | トップページ | 喉の痛みや、空咳の風邪 »

「漢方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/5111150

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮人参について:

« チャングムの誓いに出ていた薬、ショウガ | トップページ | 喉の痛みや、空咳の風邪 »