« ウコンを「温める」「冷やす」から見る | トップページ | 枇杷(びわ)の葉 »

「寝ちがい」によい漢方

 今年の梅雨は、陽性だそうで、降ると晴れるが極端です。
 梅雨前線をはさんで、北と南の高気圧の圏内にひどいと半日ごとに入れ替わり、気温差も相当な状態です。

 このような天候のときに多いのがいわゆる「寝ちがい」という、経験したことのある方なら、つらいような、情けないような、あの頸や、肩の凝り固まってしまった感じです。よく窓を開けたまま寝たりとか、蒸し暑くて汗をかいた後に、頸周辺を冷やした状態で寝ていると起こるようです。
 「寝ちがい」を起こしたときは、温めることが大切です。筋肉痛だろうということで、冷湿布や、サリチル酸、インドメタシン配合剤は良くありません。

 漢方薬は、この「寝ちがい」によく効くものがいくつかあります。
 代表的なのは、葛根湯です。胃が弱くなければ、煎じの薬湯か、粉薬などをお湯と一緒に服用します。大体に2、3服でよくなります。
 胃の弱い方には、桂枝加葛根湯がいいです。これは専門店で手に入ります。飲み方は葛根湯と同じです。

 

それらが手に入らないときには、生姜湯で代用もできます。生姜湯にレモンを入れると効果が上がります。

 

薬が手に入らないときは、ドライヤーで温めたり、温めたタオルをあてたりしてみてください。

|

« ウコンを「温める」「冷やす」から見る | トップページ | 枇杷(びわ)の葉 »

「漢方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/4850672

この記事へのトラックバック一覧です: 「寝ちがい」によい漢方:

» 桂枝加葛根湯 [家庭の医学]
桂枝加葛根湯に関して更に話題を掘り下げて考えたい方は、検索窓に【桂枝加葛根湯】と入力してみるとインターネットの世界からいろいろ出てきます。あっと驚くキーワードの内容をいち早くチェックしてみましょう。それでは今日の話題から。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 20時23分

« ウコンを「温める」「冷やす」から見る | トップページ | 枇杷(びわ)の葉 »