« チャングムの誓いに出ていた薬、流産2 | トップページ | すいか糖 »

スイカを食べるとき

 スイカが美味しく、食べやすい値段になってきました。
 ところで、スイカを食べるときにお塩をつけますか?
 スイカにお塩をつけることは、漢方の食養生では大変理にかなった、体に良い食べ方になります。
 先回書いたように、食品には五味(酸、苦、甘、辛、鹹)という味があります。これらはそれぞれ、漢方の体の見方の基本的な考え方の五臓六腑にそれぞれを当てはめて考えています。
 たとえば、酸味は肝の臓に良く、働きを活発化させます。苦味は心の臓、甘味は脾の臓、辛味は肺の臓、鹹味(塩辛い味)は腎の臓です。
 これらの働きを良くする味は、その臓器の働きが悪いときには、多くとることで働きを良くし、体を元気にさせます。
 ところが、人間の臓腑は働きがよくなりすぎても体を害してしまいます。ですから、五臓にはそれぞれ、働きを抑制して調整してくれる相方があります。(漫才のボケと突っ込みのような役割かもしれません。)
 肝は脾を調整し、脾は腎、腎は心、心は肺、肺は肝となっています。
 
 スイカは、甘い味で、体を冷やす働きがあります。これを食べると、脾に働きを高めることになりますが、脾が働きすぎると、調整する働きも強くなりすぎて、腎の働きに負担がかかります。ここで、一緒に少量のお塩をとると、塩味は腎を良くしますから、スイカの腎への影響を軽くしてあげることができるのです。

 このようなバランスをとるやり方は昔から経験的に良くやられていますし、しっかりとした料理は、調味料の使い方によって、味のバランスをうまく調整していることが多いようです。

|

« チャングムの誓いに出ていた薬、流産2 | トップページ | すいか糖 »

「健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110331/4631356

この記事へのトラックバック一覧です: スイカを食べるとき:

« チャングムの誓いに出ていた薬、流産2 | トップページ | すいか糖 »